こないだこのは屋についてエゴサーチ(自分たちのことを検索すること)してみたら、「このは屋 評判」、「このは屋 セミナー」と検索されてた。

あ〜、ウチも「評判」とか検索されるようになったんだな〜。なんて思いつつ、「このは屋 評判」で引っかかるページなんてあるのかな?と疑問に思ったので、自分でも「このは屋 評判」と検索してみた。

すると、ぜんぜんページが無い!まぁ、当たり前といえば当たり前だよね。何のメリットもないのに、わざわざ評判記事を書くわけもない。

そもそもウチの評判を気にする人自体がそんなに多くないだろうしね。(少しずつ増えていけばいい)

ということで、自分で書いちゃうことにした。自分で書く評判記事。DIY評判記事。

このは屋とは

DIY評判記事を書く前に、そもそも「このは屋ってなに?」ってところから話していきたいと思う。

このは屋は、スモールビジネスを対象にDVDやオンライン学習コンテンツ、セミナー、ワークショップなんかを提供しているところ。

キャッチコピーは「スモールビジネス特化の学び舎」。

「平成の寺子屋」を標榜していて、学習方法や教育方法は江戸時代の寺子屋の方法を参考にしている。

たとえば寺子屋では、現代のように「机を並べて、みんなが先生1人の方に向く」という形式じゃなくて、1人1人がバラバラの方向を向いていたり、教科書が6千種類もあって、個人個人に適した教育をしていた。(詳しくは、『起業家が今こそ知っておきたい!江戸時代の寺子屋の教育方法とは?』)

そこから、このは屋でも個別サポートやオーダーメイド、カスタマイズなど、個人個人に適したコンテンツ提供やサービス提供、サポートをおこなっている。

特にスモールビジネスは多様なので、「個別」というのが重要になってくる。